稲沢市 2

美濃路探訪


最終更新:2022-03-05 スタート:2021-06-17


はじめに

美濃路このような箇所をすると説明などが表示されます。が付いている語句は美濃路探訪」ついてここだけ事典」詳しい説明が書いてあります。


で出現したものは,で閉じます。


見本の画像をすると大きくなり,再びすると元に戻ります。


 ノ橋から,稲葉宿の本陣跡までの美濃路を取り上げます。①〜⑰
 この間は,稲葉宿を中心に宿場町が形成されていたこと,明治期愛知県中島郡役所が置かれていたこと,その後も旧稲沢町の目抜き通りとして栄えていこともあって,ところどころに古民家が残り,歴史遺産も点在しています。最近は美濃路稲葉宿本陣跡ひろばがオープンしました。美濃路が湾曲するあたりには,津島を示す道標があります。

地図:魦ノ橋から稲葉宿本陣跡までの美濃路
地図:魦ノ橋から稲葉宿本陣跡までの美濃路





ノ橋を渡ると稲葉宿が置かれていたところに入ります。道幅が狭くなって景色は一変し,古民家が目に飛び込んできます。このあたりから美濃路が右に折れるあたりまでを,地元では本町通りとよんでいます。

 地図 A ↘ 2021-03

塗籠造虫籠窓のある古民家の前に赤い丸型ポストが置かれています。

 地図 B赤い丸型ポスト 2021-03

この家屋は,美濃路の趣を残すかたちで化粧なおしをしたのでしょうか。とても美しいがあります。

 地図 C 2021-02



この先の信号機のある交差点は,県道121号線津島稲沢線終点です。
 このあたりは,見取絵図にも西町という地名が添えてあります。

 地図 D ↘ 2021-03



黒く塗られたが目を引き,古民家古風な塀に続いています。その手前は空地になっていますが,見取絵図と照らし合わせると,そのあたりに稲葉宿西の問屋場あったと思われます。
 ここで道の反対側に目を向けると,細い道の入口のようなところに,ガードで守られた小さな石柱が3つ並んでいることに気が付きます。何の石柱かはわかりませんが,細い道は禅源へと続いています。
 このあたりの美濃路の裏手から禅源寺を含めた一帯は,明治時代ごろまで禅源寺山とよばれていたようです。特に土地が高くなっているわけではないので,こんもりと茂った森のことかもしれません。

 地図 A ↘ 2021-03

 地図 B石柱 2021-02



禅源への道を進んですぐのところに中島郡高等小学校址と彫られた標柱があります。
 明治20年1887年)設立された中島郡高等小学校は,現在の稲沢市立稲沢中学校の前身にあたり,ここに建っていた校舎は国府宮神社参道に面したところに中高記念館として保存されています。

 地図 C 2021-02



 中高記念館の外観です。地図

 2021-02

 中高記念館説明板には次のように書いてあります。縦書き,漢数字使用です。
稲沢市指定文化財
中高記念館
昭和50年4月1日指定
 この建物は、明治20年4月に開校
された中島郡高等小学校の建物である。
 開校当所は、稲葉村禅源寺山にあっ
た。明治45年1月、高御堂に移建し、
稲沢町役場として活用され、後、学校
などに使用していたが、昭和35年
現在地へ移築され、保存されることと
なった。
 明治中頃に建てられた学校建築遺構
として由緒ある貴重な建物である。
桁行 11.08メートル
梁行 11.84メートル
東面建 二階建車寄付
寄棟造棧瓦葺

 中高読みですが,等小学校の略だとするとなかこう」はないかと思って調べてみたところ,稲沢市のサイトチュウコウキネンカン」書いてありました。



中島郡高等小学校址標柱を通りすぎて北に進んだところで禅源に行き当たり,そこから山門までわずか75mほどですが,松並木が残っています。

 地図 D ↑ 2021-02

 2021-02

 山門の前に説明板が2つあります。説明は主に文化財についてですが,禅源については次のように書いてあります。縦書きで漢数字使用です。文の折り返しは,現物のとおりではありません。

金華山 禅源寺 臨済宗妙心寺派
 14世紀に太清宗渭が開創し、16世紀初等勝岩宗殊が中興したと伝える。寛永11年1634)徳川三代将軍家光上洛の際、休憩所となり、虎岩和尚が拝謁、表道具に御紋の使用が認められた。同年、砂が噴出し、堂宇大破により、現在地に移った。
 稲沢市教育委員会




美濃路に戻って,黒いなどがあった古い建物の並びを東の方から見たところです。角にある洋風の建物は初代の稲沢郵便局稲澤郵便局す。新築した2代目の稲沢郵便局に移転する昭和34年1959年)で使用されていました。

 地図 E ↙ 2021-03


 移転先の2代目の稲沢郵便局は,昭和49年1974年)3代目の稲沢郵便局市役所に近い朝府町に建設され,現在に至っています。へ移転し,2代目の建物は稲沢市シルバー人材センターとして使用されています。
 初代の稲沢郵便局ですが,ふるい記憶とは何か感じが違うので調べてみたところ,10年ほど前までは,〒の跡がある扁額が残っていたことがわかりました。Google Street View 2012年2月撮影




稲沢市シルバー人材センター建物は,2代目の稲沢郵便局として建てられました。の手前,東の方に美濃路案内板があります。美濃路稲葉宿については,このあとで取り上げる美濃路稲葉宿本陣跡ひろばにある美濃路案内板と全く同じ内容です。

 地図 F ↗ 2021-02

 2021-02



津島神社へ通じる道が分岐していたところに,ほぼ円柱形で高さ1mあまりの道標が立っています。

 地図 G ↓ 2021-02

 道標の斜め上方写真の右上)自治会がつくった説明板があります。

 2021-03

 道標には次のような文字が彫られています。
 右つしま
三里
 


 彫りの深い右つしまに比べては字が細く,さらに三里は地面すれすれにかなり小さい字で彫られていることが気になります。道三里は後で彫られたのかもしれません。
 もうひとつ気になることは道標の位置と向きです。この道標を見て右へ向かっても,津島の方へ進まないからです。実は,この道標は,鉛筆マーク H で示した位置,すなわち津島道の東側にあって,文字は津島道を行く人からよく見えるように西を向いていました。何らかの理由で現在の位置に移し,美濃路から文字がよく見えるように向きを変えて置いたものと思われます。
 見取絵図道標はないようですが,分岐点の東側に目印のためと思われる大きな木が描かれ,津島へ向かう道には村道 船橋村道法二十丁 津嶋天王道法三里と添えてあります。現代風に書けば船橋村へ2km,津島天王へ12km」いうことになります。
 明治地図を参考に,津島道を地図に緑線で記入してみましたが,この先も,県道121号線津島稲沢線ほぼ同じコースで津島に向かっていたことがわかりました。ただし県道121号線の出発点終点)ここではなく,すでに取り上げた交差点です。
 地図

 自治会がつくった説明板には縦書きで次のように書いてあります。文の折り返しは,現物のとおりではありません。
まちの文化遺産紹介
本町通りは、江戸時代の初期に整備された稲葉宿の面影を今なお、色濃く残しています。その時代、稲葉宿を擁したこの通りは美濃路と呼ばれ、参勤交代の諸大名や朝 鮮通信使・琉球使節、将軍に献上されるお茶壷や象の通行などを含め多くの人が行き交いました。その時代背景の中でこの「道しるべ」が立てられ、今もそのままの姿 で私たちのまちに佇んでいます。花崗岩で作られたこの道標には「右つしま道 三里」と彫られ、津島牛頭天王社への道を示しています。江戸時代から今日まで、暑さ寒さ、風雪に耐えた貴重な文化遺産であり、わたしたち住民の財産、誇りと言えます。ここを通るときは、すこし歴史を感じてみてはいかがでしょうか。
   中本町区

 道標は,下の方が黒く汚れていますが,それが説明板を設置するきっかけとなったことを知りました。犬の散歩がてらに道標を汚している人が多いのを見かねた隣に住む方が,道標歴史遺産であることに気が付いてほしい。願い,自治会に説明板の設置を提案されたそうです。歴史と郷土を愛する思いが感じられます。



 宝光寶光寺見取絵図にもある古い寺です。

 地図 H ↑ 2021-02



稲葉宿には3つの問屋場西の問屋場中の問屋場東の問屋場置かれていましたが,そのうちの中の問屋場の跡に建つ古民家の前には,稲葉宿問屋場址石碑が建っています。

 地図 I ↑ 2021-02

 石碑には次のような文字が彫られています。

稲葉宿問屋場址

四ッ家追分から分れたこの美濃路の稲葉 
宿は 慶長五年に開設せられ 本陣 脇
本陣の外 小沢 東町 西町には 問屋
が置かれて人馬の往來 物資の輸送の便
に供されたが 文政五年頃には 人足四
十五人 馬四十五頭が常備せられ また
助郷の制もあつた ここは東町問屋場址
であり 宿役人伊東氏の住居である
  昭和五十九年九月 日
    稲沢ロータリークラブ建之



明治5年1872年)創業を誇る藤市酒造の建物には,戦後期に設置されたと思われる重厚な看板が残っています。
 街路灯の支柱に美濃路の道しるべがあります。

 地図 A ↙ 2021-03



明治45年1912年)創業した稲沢電灯創業時の社名は稲沢電気稲澤電気した。稲澤電灯本社屋として昭和11年1936年)建てられた建物です。その後中部電力稲沢営業所などを経て,昭和59年1984年)稲沢市民俗資料収蔵庫として使用されていましたが,耐震性に問題があることがわかり,平成29年2017年)空家になっています。建物は愛知県の近代化遺産に登録されています。

 地図 B ↖ 2021-02



旧家の屋敷でしょうか。写真に写っているいくつかの古い建物は,すべて同じ敷地内にあります。

 地図 C ↘ 2021-03



駐車場の片隅に,稲沢銀行跡地と彫られた標柱があります。稲沢銀行稲澤銀行地方銀行として明治33年1900年)設立されましたが,終戦翌月の昭和20年1945年)9月に東海銀行に吸収合併されて,東海銀行稲沢支店東海銀行稲澤支店なりました。稲沢支店が国府宮駅前に移転後は太道相互銀行太道相互銀行は,1969年に名古屋信用金庫と合併して中京相互銀行になり,さらに1989年に中京銀行になりました。の稲沢支店に代わり,今は駐車場になっています。
 明治地図によると,ここから数10mほど西方に稲沢町役場稲澤町役場ありました。

 地図 D 2021-03



とても複雑なかたちの屋根をもった古民家があります。普通の民家でしょうか。それとも何か特別の建物だったのでしょうか。

 地図 E → 2021-02

 東側は,変わった形の屋根の一部分だけが残っているようです。この家屋にも虫籠窓があります。

 2021-02



稲葉宿本陣があった場所に,令和2年2020年)稲沢市が計画していた美濃路稲葉宿本陣跡ひろばオープンしました。本陣の門や塀の一部が再現され,50年以上前にこの場所に建てられて別の場所で保管されていた稲葉宿本陣跡や,もともとここにあった稲沢町道路元標写真左端)戻ってきました。

 地図 F ↑ 2021-02

 本陣跡ひろばは行事などに使用されることも考慮してつくられたため,本来は道に面しているはずのなどが奥まったところにあります。

 2021-02


 稲葉宿の本陣は,明治5年1872年)区制施行時から愛知県第五大区会所後に愛知県中島郡役所して使用されていましたが,明治21年1888年),門や塀などを残して,建て直されました。そのときの写真を見ると,門前の西側に高札場が残っていたようです。
 古い建物戦後期にすべて取り壊され,稲沢保健所が建てられました。保健所の移転後は稲沢農業改良普及所その後名称はいろいろ変わって,最後は愛知県尾張農林水産事務所農業改良普及課稲沢駐在室して使用されていましたが,その建物も平成27年2015年)取り壊されて更地になっていました。稲沢市は,25年以上前の平成7年1995年)は,ここに稲葉宿美濃路かした仮称美濃路街道資料館つくる計画を立てていましたので,念願がかなったことになります。写真は,建物が取り壊される前の様子です。Google Street View 2012年2月撮影


 稲葉宿本陣跡の碑の正面と裏面には次のような文字が彫られています。

 稲葉宿本陣跡の碑
愛知県知事 桑原幹根書 
 
  この前面の南から西へ続く道路は 天正年間織田信雄が改修したと伝える東海道宮の宿と中山道垂井宿
 とをむすぶ駅路で 美濃街道と称した
  慶長年間此処小沢村と西に続く旧稲葉村とを合せて宿駅が置かれ稲葉宿と称したが 宿駅の中枢の本陣
 は 小沢村のこの地点にあった 脇本陣は 西方百十米南側 東問屋場は 南方七十五米西側 中問屋場
 は 西方二百二十米北側 西問屋場は 西方四百二十米南側にあった その他高札場は 西方六十五米の
 稲葉小沢両村の境に 一里塚は 南方百八十米の街外れの両側にあった
  この本陣跡には 明治維新後中島郡役所 中島地方事務所 稲沢保健所 稲沢農業改 良普及所等が次々 
 に置かれてこの地方行政の中枢となった 稲葉小沢両村で稲葉宿を作り 明治二十年両村合併により 稲
 沢の名称が起り 次いで 稲沢市への発展の渕源となった宿縁の地である
  昭和四十四年十月             稲 沢 市 建 之
                       稲沢ライオンズクラブ寄贈 翠川 橋本四郎書

 美濃路稲葉宿本陣跡ひろばに設置されている案内板の内容です。

 2021-02

 美濃路稲葉宿について,次のように書いてあります。
美濃路とは
 美濃路は,中山道の垂井宿岐阜県垂井町)ら東海道の宮宿名古屋市)結ぶ全長14里24町15間約57.5km)街道です。
 中山道の垂井宿からはじまり,途中には,大垣宿岐阜県大垣市)墨俣宿岐阜県大垣市)起宿一宮市)萩原宿一宮市)稲葉宿稲沢市)清須宿清須市)名古屋宿名古屋市)七宿があり,東海道の宮宿に合流します。また現在の岐阜県羽島市には,間の宿も置かれました。
 慶長5年1600)ヶ原の合戦のとき,福島正則が先鋒として進撃し勝利後に徳川家康が凱旋したとき,この道を通って帰ったことからお悦び街道・吉例街道」も呼ばれます。五街道と同じく,江戸幕府直轄の街道で,道中奉行の支配下に置かれ,道幅・松並木・一里塚・宿場・助郷も五街道なみとなっています。
 東海道の鈴鹿峠越えや海路の七里の渡し」比べ,遠回りになりますが,安全性が高く,天候に左右されず,予定どおりの通行が可能であったため,女性にも重宝され,多くの旅人が利用しました。
 徳川家康・秀忠・家光らの将軍をはじめ,参勤交代の大名や朝鮮通信使,琉球王使,お茶壷道中など,さらには将軍に献上された象もこの街道を通ったなど,一般民衆の旅の利用はもとより多くの人たちがこの道を往来しました。

稲葉宿
 稲葉宿は,家数336軒,人口1,572人,旅籠屋8軒,本陣・脇本陣各1軒,問屋場3か所がありました天保14年1843)本陣である小沢村の原所次右衛門の家は,門構・玄関付で建坪133坪約439m2脇本陣である稲葉村東町の吉田又吉の家は,門構・玄関付で建坪70坪約231m2した。稲葉村西町の西問屋場は原家と伊東家が交代でつとめ,稲葉村東町の中問屋場を伊東家,小沢村の東問屋場を原家があずかり,1問屋場2日交代でつとめたといいます。宿場の長さは8町21間約911m)した。

 門を入った先にこのような建物があります。看板等が見当たらないので建物の概要がわかりませんが,正面の壁に稲葉宿に関係がある絵図などが貼ってあり,パンフレットが置いてあります。ベンチトイレもあります。

 2021-03

 稲沢町道路元標稲澤町道路元標,高さ70cmほどの標柱です。

 2021-03



 美濃路稲葉宿本陣跡ひろばの前からの方を見たところです。昔は美濃路の左側に脇本陣,右側には高札場がありましたが,今は何も見当たりません。しかし地図を見ると,すぐ近くに札の辻という地名があることに気が付きます。周囲が新住居表示に変わっているのに,なぜかそこは古い地名が残してあります。
 写真左端に美濃路の道しるべがあります。

 地図 F ← 2021-03

 熱田に向かう美濃路は,本陣跡ひろばの前で右に折れて,写真の後方へ向かいます。折れた先は道幅が少し狭くなります。

 地図 G ↘ 2021-03

 写真の左へ向かう道も,昔からあり,ところどころに古民家が建っています。その道について,見取絵図には村道 一ノ宮道法一里 笠松道法三里と添えてあります。



本陣跡ひろばの東に道をはさんで隣接する崇福と,北方に位置する神明社は,共に見取絵図にもあります。
神明社の東に道をはさんで隣接する児童遊園に,トイレがあります。
 地図