稲沢市

美濃路探訪記




はじめに

美濃路このような箇所をすると説明などが表示されます。が付いている語句は美濃路探訪記とはここだけ事典」詳しい説明が書いてあります。


で出現したものは,で閉じます。


 稲沢市内の美濃路を取り上げます。①〜⑥〔8.1km〕
 美濃路は起伏が少ない低地帯を通り,稲葉宿を中心としたまとまった集落や,ところどころに小さい集落が形成されていました。大部分は松並木でしたが,岐阜街道追分をすぎると様相が一変して,松並木に代わって家並が続いていました。この間には,島道追分一里塚の一里塚四ッ家立場などもありました。
 稲沢市内の美濃路の大部分は,もろに都市化の影響を受けて,近代的な道路に変わってしまいました。しかし昔から集落があったところは,街道の面影を残しています。稲沢市が観光に力を入れるようになって市内の美濃路はかなり整備され,案内板説明板などがいたるところに設置されています。令和2年2020年)美濃路稲葉宿本陣跡ひろばオープンしました。東海道線を越えて南下するまで,ほとんどが県道136号線一宮清須線す。
 通過市区町愛知県稲沢市

地図:稲沢市内の美濃路
地図:稲沢市内の美濃路

メニュー